国際結婚〜離婚成立まで

別居してから夫と初の面会と場所選びで注意したこと

2018年4月18日

おはようございます、たすほです。

今日は寒いですね。
コートを着たいくらいですが、もうクリーニングに出してしまったので、何を着て行きましょう。

さて、別居生活を始めてから1年3ヶ月ほど経ちます。
その間、夫と子供は3回面会しています。(私はプラスもう1回)
今日は別居中の夫との過去の面会(1回目)の状況と面会を設定するために注意したことのお話です。

 

面会時期

最初の面会は、帰国して(別居を開始して)から7ヶ月ほど経った頃。
下の子は生後2ヶ月でした。

 

面会場所

みなさん、どんな場所で面会するんでしょうか。調子がおかしくなってから始めての面会だったので、どんな様子か、どんな風にあったらいいかわからず場所選びに迷いました。

面会場所選びのポイント

  • 薄暗くない
  • 落ち着いて話ができる
  • 席と席の間隔があまりきつきつしていない
  • 予約ができる

といった条件で考え、ホテルの最上階にあるラウンジにしました。

 

面会当日

少し早めに着いて下の子に授乳をしていたら、両親と上の子がロビーでばったり遭遇してしまいました😵
会った直後に言おうと思っていたこともあるのに計画が台無しです💦

仕切り直して・・・まずは、父と私でラウンジに到着。入り口にいた夫と共に着席して、次の点を私から伝えました。

  • 子供には私抜きでは会わせられない
  • 私もまだ第三者抜きでは夫と会うことはできない
  • 二人で話さなくてはいけないこともあると思うので、子供達が来てしばらく話した後は父に上の子は連れて帰ってもらう

その後、子供達と母にラウンジに来てもらいました。
夫は上の子にお土産を渡して話しかけるも、子供は積極的に近寄ろうとはしませんでした。幸い怖がっている様子はなく、 「恥ずかしい 」という感じ。
夫に呼ばれると近くに行くものの、どうしていいかわからないようで、すぐこちら側に戻ってきます。

父は終始無言、母は向こうの両親の様子だけ尋ねたのみ。その他は夫が上の子に話しかけたり、私に子供の様子を尋ねたり。上の子は「うん、うん」という返事はしていたものの自分からダディと呼んだり、話しかけたりはせず。(ほとんど夫の話す意味がわかっていなかったよう)

下の子に関しては最初少し触った後、抱っこしていいと確認してから抱っこ。まだ人見知りもしない時期なので、おとなしく抱っこされていました。

1時間くらいして、上の子がケーキを食べ終わったのを見計らい、父が上の子を連れて退出。子供はもっといたいという素振りは見せずおとなしくついていきました。

その後2時間、夫と二人で話し合い。二人きりになるのが怖かったので、下の子をあやしながら母に同席してもらいました。長かったです・・・

夫と私の主な発言内容は次のような感じです。

夫の発言

・自分の状態で一番難しいのは自分の状態を受け入れること。時間がかかったが自分は受け入れることができた。同じようなことが起こる可能性はかなり低いと思う。
・たすほが自分の国に戻ってこられないのは理解できる。自分が日本に行こうと考えたこともあるが、現実的ではない。離れていても、こうやって休暇の際訪ねてきたり、旅行にいったりすればいい。
・毎日連絡を取り合いたい。
・Whatsapp(LINEのようなもの)でやり取りしたい。メールは嫌い。
・毎日写真を送ってほしい。
・電話できたらビデオ電話を最低でも週1回したい。
・関係を再構築するにはコミュニケーションを取ることが大事。
・またやり直せると信じている。この結婚を諦められない。
・こんなシリアスなやり取りは必要はない。今日はどうだったとかもっとカジュアルなやり取りがしたい。
・私が自分に対してネガティブな感情を持つことは仕方がないが、子供達と良い関係を築くことは娘達にとっても重要。子供達への影響を最小限にしたい。たすほの感情でそれを邪魔することはフェアじゃない。
・上の子は自分を恋しく思っている。
・自分とこうやって会って、大丈夫に見えるでしょう。気分が楽にならない?
・自分にとってたすほと子供達が何より大事。私たちの存在が生きる意味。(私がその考え方が問題だと言っても)自分は変えられない。
・放っておいてと言われて、たすほはそうは思わなかったかもしれないけど、これでも可能な限り連絡を控えた。
・明日と一週間後に6日間休みがある。会えないか?(会えないと言っても何度か聞かれた)

私の発言

・あの日何があったかまだ忘れられない。忘れようとしていた2014年の件まで思い出してしまった。
・もうそちらの国に戻るつもりはない。
・夫とと同じ部屋にいるのは怖くてたまらない。
・調子に問題がない時は大丈夫なのはわかっている。でもまだあの日の恐怖が忘れられない。
・夫と過ごした日々を恋しく思うが、もう全てが変わってしまった。私の気持ちが変わってしまった。
・夫が私たちが大事だと強調するたびに恐怖を感じる。その考えが問題なんだと思う。
・他にも興味を持てる何かを見つけてほしい。
・写真は送る。でも毎日は無理。
・電話も検討する。でもどれくらいの頻度かは今は決められない。
・上の子も夫のあの態度を怖がっていた。上の子の気持ちをまず考えたい。
・長い目で見れば夫と娘達が良い関係を築くことは大事だと思う。でもまずは私の気持ちを整理したい。焦らせないでほしい。
・しつこくされればされるほど、私の気持ちが落ち着くのに時間がかかる。
・連絡があればメールに送ってほしい。Whatsappはやめてほしい。チャットのようなカジュアルなやり取りはしたくない。
・これからは今までとは違った関係を築いていきたい。
・私たちはお互いもっと自立する必要があると思う。
・今回会うのを決めるだけでも大変だったのに、明日、来週にも会うことは考えられない。

 

夫の様子

思っていたよりは落ち着いていて、まともに話ができて安心しました。が、何だか話がかみ合わず、ボールを投げても全然違う形で返ってくることも多々ありました。
2時間話してもなかなか話を収束させてくれないので、最後はラウンジの人に『そろそろお時間が・・・』と声をかけてもらい終わりにしました。

 

まとめ

1回目の面会はこのような感じでした。
やはり重い雰囲気になってしまったので、席がきつきつしていないホテルのラウンジというのは面会場所として正解だったと思います。

なお、上の子の感想は、『ダディ怒ってなかったね!』でした。
怒っていた記憶はまだあるようですが、恐怖心が残っているようではなかったのはよかったです。

今日もご訪問いただき、ありがとうございました。

-国際結婚〜離婚成立まで

Copyright© シングルマザーだって子供と笑顔で生活したい!心にチャージ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.