抜毛症

【抜毛症】ワンステップで子供のウィッグの値段は実際いくら?実体験からの口コミ評判も

子供の抜毛症に悩んで、色々隠し方を工夫してきましたが、隠しきれなくなってきました。

最後の手段はウィッグ。

色々調べてワンステップという医療用ウィッグ専門店で購入しました。

 

20万円ちょっとかかったのですが、実際にかかった価格とその内訳をご紹介します。

また、購入した決め手、店舗での購入体験も合わせてまとめました。

子供用の医療用ウィッグの購入を迷っていて口コミを探している方の参考になると嬉しいです。

 

ワンステップ(One Step)ってどんなお店?

ワンステップ(One Step)は医療用ウィッグに特化した女性向けのサロンです。

公式サイトによると

抗がん剤治療や脱毛症、抜毛症、薄毛などの髪に悩みを持つ方に向け、プライバシーを考慮した完全個室・予約制で高品質な「医療用ウィッグ」を提供しております。

引用元:ワンステップ

ということです。

 

ネットで探して、

  • 抜毛症にも対応しているから子供の状況も理解してもらえる
  • 個室で対応してもらえるから周りの目が気にならない

という点がいいなと思ってワンステップに行ってみました。

 

ワンステップでの子供用のウィッグ(かつら)の購入価格

他の場所も行ってみようかと思っていたんですが、結局その場で購入を決めてしまいました。

購入したのはファイブスターという人毛100%のフルウィッグです。

支払値段は、217,040円でした。

内訳はこんな感じ。

ファイブスター 20cm  Sサイズ 186,000円
学生5%割引 -9,300円
消費税 17,670円
スタートCセット 19,150円
ピン+取付 3,520円
合計 217,040円

学割の対象は、小・中・高等学校在学中の18歳未満で、5%オフで購入できます。

スタートCセットというのは、ケアアイテムが一式そろったセットです。

  • シナラカ オールインワンシャンプー
  • シナラカ トリートメントクリーム
  • シナラカ コーティングスプレー
  • シナラカ デオドライザー(消臭剤)
  • ウィッグスタンド
  • ウィッグ用マネキン(本当の名前がわかりません)
  • くし

 

ケアアイテムは買わない選択肢もなくはないですが、きれいに使うためにはメンテナンスが必要ですし、専用のものを使った方がいいだろうと思い一緒に購入しました。(自分で探してみたら、もっと安く買えるかもしれませんが、面倒というのもあり…)

買うまでは必要性がわからず勧められるまま買いましたが、どれも全部使用しています。

 

One Stepでの購入体験

ワンステップでの実際の購入までの流れをみていくとこんな感じです。

step
1
予約

まだ購入の意思は固まっていなかったので、相談という形で予約しました。

インターネットまたは電話でできますが、フリーダイヤルで電話予約しました。

子供の抜毛でと言って電話しましたが、子供のウィッグも対応できるということで安心。

予約の変更や質問があり今まで3回フリーダイヤルに電話しましたが、いつもとても感じよく対応してもらっています。

 

step
2
来店・カウンセリング

完全予約制で、個室で対応してくれます。

店舗は淡い色合いでナチュラルな落ち着いた雰囲気です。

案内された部屋には背面一面にウィッグがずらーと並んでいました。

 

対応してくれたのはこちらの話をしっかり聞いてくれる男性スタッフで、現在の悩みや装着に対する心配などにもしっかり対応してもらいました。
親だけでなく、子供の希望も聞きながら進めてくれました。

抜毛症に悩んでくる子もくるようで、ウィッグを被ることで現実的に抜くことができなくなるので、それで治って、ウィッグが必要なくなった子もいるという話も聞けました。

また、抜き続けるとどうなるのかという不安があったのですが、その方曰く、毛っていうのは生え変わる回数が決まっていて今は抜いても生えてくるけど、60歳とかになると生えなくなってきてしまう。その年代になって薄毛で悩んでいるという方もいる、ということでした。

もっと早く対応してあげればよかった…と思ってしまいますが落ち込んでても仕方ないですね。

 

で、その後は、色々試着させてもらいました。

すっかり髪が薄くなって前髪なんて全然ないし、ちょっと見た目がかわいそうになってた長女がウィッグかぶると別人。
気恥ずかしそうにしていましたが、本人の表情も明るくなったように見えました。

やっぱり早く買ってあげたいなと思った瞬間でした。

 

頭囲の大きさでサイズを選んで、長さを決めて、装着の練習をさせてもらいました。

ウィッグのかぶり方は2種類あって、帽子をかぶってからそのままウィッグをかぶる方法と、ピンで4か所固定する方法があります。

追加料金はありますが、ピンの方が手軽にできそうだったので、ピン留めの方でお願いしました。

 

なお、金額は長さによって変わります。

購入したのはショートウィッグで20cmでしたが、いわゆるショートヘアではなく肩くらいまでしっかりあります。

カットする前提なので、長めになっています。

ロングのものもありますが、抜毛で短い部分が多くなっていて、残っている毛もショートボブくらいにしていたので、急に長くしたら変だよねということでショートにしました。

 

あとは、メンテナンス用の備品を選んで、メンテナンス方法のレクチャー、支払い、という流れでした。

支払いは、完全キャッシュレス化しています。

  • スマホ決済アプリ(PayPay/LINE Pay/楽天ペイ/au PAY)
  • 交通系IC(Kitaca/Suica/PASMO/TOICA/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん)
  • クレジットカード(VISA/Master Card /JCB /アメリカンエクスプレス/ダイナースカード)
  • 銀行振込

など。

現金は使えません。

結構大きな金額になるので、クレジットカードの限度額には気を付けてくださいね。

 

なるべく早く始めたいと思い、この日に購入しましたが、全然押し付けられる感じはなかったです。

高い買い物なので、他のお店と比較したいこともありますよね。

相談だけして、家でじっくり検討させてくださいでも大丈夫な雰囲気でした。

 

初回は相談ということで2時間の時間枠をとってもらっていました。

そんなにいるかな~と思っていたんですが、丁寧に対応してもらってしっかり予約枠の時間を使いました。

この日に購入する前提でもっと長めに時間をとっておけば、その日にカットしてもらって持ち帰ることができるそうですが、今回は時間が足りないので、また次回来店することになりました。

 

step
3
ヘアカット

2回目の来店ではヘアカット

カットする前提でウィッグが用意されているので、好みや顔の形に合わせてカットしてもらいます。

この日案内された部屋は前回と違い、美容院のような感じ。

椅子と大きな鏡があるゆったりした個室です。

 

使っているうちに毛先が痛むこともあるそうなので、追加カットができるようちょっと長めのボブヘアというオーダーでお願いしました。

ヘアカタログのようなものはなかったので、ネットで好みの髪型を探しておくとイメージが伝えやすいです。

 

これがワンステップにした決め手の1つだったのですが、スタッフさんは美容師免許を持っているそう。

実際にかぶった状態でカットしてくれるので、顔の形に合わせてカットしてもらうことができます。

装着時は、こちらからお願いしなくても退出してくれたりといった配慮もしてくれます。

 

ここまでが購入までの流れでした。

医療用ウィッグ専門店なので、自分ではどうしようもない頭髪の悩みでいらっしゃっている方が多いと思います。

娘の抜毛に関しても悩みに寄り添いながらも自然に対応していただいたので、ネガティブな気持ちになることなく、気持ちよく購入することができました。

 

また、買うまでわかっていなかったのですが、ウィッグをきれいに使い続けるには日々のメンテナンスに加えて、定期的な店舗でのメンテナンスが必要です。

月に1回通っています。

場所が通いやすいってことや、気持ちよく通えるところっていうのも大事です。

 

ファイブスターの着用写真

カットしてもらう前と後の写真はこんな感じ。

着用前

 

着用後

結構自然な感じじゃないですか?

 

ワンステップ・ファイブスターの購入の決め手

購入したのはワンステップのファイブスターというウィッグです。

1店舗で決めてしまったのは、カウンセリングでしっかり話を聞いてもらえ、実際かぶってみてかわいかったっていうのが大きいですが、決め手となったポイントをあげてみます。

 

ミックスではなく人毛100%でもリーズナブル

ウィッグは本当の人の毛と人工毛があります。

人毛と人工毛を混ぜて作っているものをミックスといいます。

やっぱり人毛100%だと結構値段がするので、ミックスを選ぶ人もいるそうですが、人工毛は使っていくうちにピーリングという現象が生じるそう。

これは、化学繊維のコーティングがはがれてチリチリになってしまう現象で、不自然に見えてしまうというデメリット。

自然な見た目を大事にしてあげたかったので、人毛100%のものにしました。

最安値とは言いませんが、10万円台で買えるならまあまあリーズナブルだと思います。

 

ちなみに、この人毛どうやって仕入れているのか気になりませんか?

ヘアドネーションってあるんじゃないですか。

そういう入手方法もあるのかと思いましたが、そうではなくウィッグ専用の人毛だそう。

なにそれ?

と思いましたが、中国で髪を伸ばす専門のお仕事があるそうで、痛みがあると価値が下がってしまうので日々気を付けながら髪を伸ばしているそう。

ズボラなケアしかしていない私の髪よりずーっときれいです。

 

毛量が多くない

毛量が多くないというのは子供や若い子にとってメリットです。

何本っていっていたのか忘れちゃいましたが、毛量が少なめだそう。

年齢があがってくるとボリューム感も必要だけど、若い子が毛量が多いものをつけると不自然。

実際つけてみるととても自然に見えました。

 

顔に合わせてカットしてもらえる

マネキンにかぶせているのと、実際つけてみるとでは雰囲気が違います。

スタッフさんは美容師免許もあるプロ。

顔立ちや頭の形もあるので、実際かぶってカットしてもらえるのはいいな、と魅力に感じました。

「かわいく見えるようにしていきますね。」と言ってくださり、細かく調整してくださいました。

 

ちなみに、購入した後に他社に電話して聞いてみたんですが、そこではかぶった状態でカットはしていないということでした。

どこの会社でも対応している訳ではないので、ここは大きなポイントかなと思います。

 

かぶり心地がいい

毎日、長い時間つけるものなので、つけ心地も大切。

ファイブスターは『快適性にこだわり、心地よさを証明する』とうたっています。

  1. ベースに幻のオーガニックコットン使用
  2. 肌当たりにこだわったニット生地
  3. テクノアジャスター
  4. ホールフォーム
  5. シーコンチェンジャー

というのが心地よさの5つのポイント。

詳細は、ワンステップ ファイブスターのページを見てもらった方がわかりやすいと思いますが、子供の感想として

  • 付けた感じ全然チクチクしない
  • いやな感じなくつけられる
  • 頭ふっても全然ずれない

というのがあります。

娘は肌触りとかにうるさく、ちょっとチクチクすると嫌がるタイプなので、不快感なくつけられるっていうのはかなり高ポイントでした。

 

自宅で洗うことができる

毎日かぶるものなので、においはやっぱり気になってきます。

メンテナンスにいつも来店しなくてはいけないのは大変。

おうちでも洗うことができた方が使い勝手がいいですよね。

ケアアイテムもあり、専用アプリでシャンプー方法など動画でお手入れを確認できるといったサービスもあります。

 

 

他社(スヴェンソン)との比較

ワンステップしか来店はしていないのですが、他社を見ないで購入してしまったので、

あれでよかったのかな…

とちょっと迷いもありました。

 

他の会社の情報も聞いてみようと思い、医療用ウィッグで広告をよく見る『スヴェンソン』に電話をしてみました。

お値段、スペックはこんな感じ。

セミオーダーの人毛100%

長さ30cm

約45万 12歳以下50%割引

ベースはナイロンなど

 

ミックスボブ 人毛40%

約23万円  学割50%割引

 

ミックスは10万ちょっとで買えますが、人毛100%だと20万円超えてきますね。

あと、

  • カットは被ってはしない
  • 自宅で洗うことはおすすめしない

ということでした。

電話して、こっちの方が断然いい!ってことだったらどうしようと思いましたが、電話口の情報ではあるもののワンステップでよかったなと思っています。

 

終わりに

抜毛症のこどものために医療用ウィッグ専門店のワンステップでフルウィッグを購入しました。

お値段は、ケア用品と合わせると約22万円。

高い買い物でしたが、髪の毛を気にせず出かけられるようになったので買ってよかったなと思います。

付け心地がよくて子供も嫌がらずつけています。

装着も簡単なので、自分でパチパチとピンをとめて毎朝準備しています。

 

普通の週末にカットしてもらって、月曜日からつけていきましたが、周りの子からあれこれ言われることもなかったそう。

ただ、学年もう少し大きくて周りの目が気になる場合は、長期休みの間にした方がいいかもしれません。

 

ウィッグの購入に迷っていて、使用感など私と子供でこたえられることがあれば気軽に聞いてくださいね。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

-抜毛症

Copyright© シングルマザーだって子供と笑顔で生活したい!心にチャージ! , 2022 All Rights Reserved.