シングルマザーだって子供の笑顔に元気をチャージしてもらって前向きに!

シングルマザーだって子供と笑顔で生活したい!心にチャージ!

子連れ旅行

0歳11ヶ月&4歳子連れ旅行記・3日目(石垣島一周観光バス)

投稿日:2018年3月28日 更新日:

こんにちは、たすほです。

2泊3日の石垣島旅行、3日目最終日の記録です。

最終日は、東運輸株式会社の石垣島一周観光バスに参加しました。

スケジュールはこんな感じです。

スケジュール

アートホテル

バスターミナル(一度下車して、受付をすませてから、またバスに乗り込みます)

唐人墓(下車10分)

川平湾(下車1時間弱)

ポーザーおばさんの食卓(ランチ)

米原熱帯原生林(下車15分)

玉取崎展望台(下車25分)

南ぬ島 石垣空港

9:10にアートホテルを出発し、空港到着は13:45頃、4時間半ほどのコースです。
大人1人4600円、子供は席なし昼食なしでしたので料金はかかりませんでした。

道中ガイドさんは、ほとんど休むことなく島の話や訪れるスポットの話をしてくれたり、三味線を弾いてくれたりしたのですが、マイクがない・・・
面白そうな話だったのですが、後方に座ってしまったため途切れ途切れにしか聞こえませんでした。
ですので、前の方に座ることをお勧めします。
また、島を時計回りに巡るので、左側の席の方が海がよく見えるのでお勧めです。

 

唐人墓

1852年にこの地で悲惨な最期を遂げた中国人を祀ったお墓です。

細かい細工と色鮮やかなお墓です。
台風銀座の石垣島でこんな細かい細工がよくきれいに残っているなと思ったら、これは建立当初のものではなく、少し前に台湾の専門職の方を呼んで再建したそうです。

 

川平湾

次はメインスポットの川平湾を訪れました。
ビーチで遊んでもいいですし、オプション料金830円でグラスボートを楽しむこともできます。
海の底を子供に見せてあげたかったので、私たちはグラスボートに参加しました。

操縦しているお兄さんが、ポイントポイントで止まって、珊瑚やお魚の解説をしてくれます。
子供も初めて見る海の底の姿に興味津々で楽しんでいました。
写真には取れませんでしたが、カクレクマノミナンヨウハギでしょうか、キレイな青い魚も見えました。

 

いつも出会える訳ではない海亀も見ることができました。
近くまで泳いできてくれて、みんな大興奮!

グラスボートは30分ほどです。
川平湾は波が穏やかだそうで、ほとんど揺れませんでしたので、舟酔いしやすい母も酔うことなく楽しめました。

舟酔いしやすい方は、ずっと覗いているのではなく、動いている時は覗き込まず、スポットスポットで止まってくれた時に楽しむといいそうです。

下車時間は1時間くらいあるので、少しは遊べるかなと思いましたが、移動の時間などもあり、グラスボートに乗ったら、自由時間はなしになります。
貝殻集めを楽しみにしていた長女はかなり残念そう。
それでも、短い時間でも結構拾っていました。
他の2つのビーチよりキレイな形の貝殻が沢山ありました。ビーチによって落ちているものも色々ですね。

 

ポーザーおばさんの食卓でランチタイム

なんの説明もありませんでしたが、おそらく牧場牛のハンバーグランチセット
テーブルにすでにセットしていた状態だったので、熱々ではなかったものの美味しいハンバーグでした。
でも、八重山そばは熱々食べたかったな。

こちらは、於茂登岳の麓にあり川平湾を一望できる眺めのいいレストランでした。
団体客が多いようで、予約なしのお客さんは満席だと断られていました。

子供の分は料金かからなかったので、子供用ランチはありません。
でも子供用の食器、椅子はセットしておいてくれました。
我が家には取り分けで十分なボリュームでした。

なお、車椅子用トイレはありましたが、故障中で使えなかったため、オムツ替えがあったかは不明です。

 

米原熱帯原生林

高さ7mほどのヤエヤマヤが密生する原生林です。
ヤシの一節は1年を表しているそうで、200節以上あるものつまり樹齢200年以上のものが多いそうです。

ヤシの根元に生えていた緑の葉はオオタニワタリというもので、ランチの時に何だろうと思いながら食べた葉っぱはこの植物でした。
子孫繁栄の縁起物としてこちらの地方では昔から食べられているそうです。

 

玉取崎展望台

バス停車場から少し登ったところにある石垣島東海岸の景勝地として有名な展望台です。

左奥に東シナ海、右側に太平洋が見えます。
石垣島の北東の平久保半島のくびれ具合がよくわかりますね。

 

南ぬ島 石垣空港

バスターミナルまで戻ることもできますが、出発日ですのでバスターミナルに戻る前の空港で下車しました。

ところで、『南ぬ島』って読めますか?
何度聞いても覚えられません。

また、検索してしまいました。
『南ぬ島(ぱいぬしま)』でした。
『ぬ』は助詞の『の』が変化したもので、南の島という意味だそうです。

美味しいものを沢山食べ、青い海、青い空、白い砂浜、夕日などキレイなものを沢山みて、あっという間の2泊3日でした。
のんびりしに来たつもりが、初めての場所なので色々行ってみたくて予定を詰め込んでしまいました。

今度はもっと砂浜でのんびり過ごしたいです。
西表島や小浜島、他の八重山諸島も魅力的です。
また来られるよう、頑張って勉強して、しっかり働いていこうと思います!!

旅行記は最後のホテル編に続きます。

アートホテル石垣島に大満足!子連れ旅行におすすめ!

こんにちは、たすほです。 石垣島への旅行記最終記事です。 今回は宿泊したアートホテル石垣島のお話です。   ホテル選びのポイント 4歳児、0歳11ヶ月児、母、私の4人での旅行です。ホテル選び ...

続きを見る

-子連れ旅行

Copyright© シングルマザーだって子供と笑顔で生活したい!心にチャージ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.